豪磯部 – Sydney Rockshore Iso Fishing

シドニー 釣り 豪磯部 ブログ

*

【どっちが良い?】 APIA Foojin’ Black Line

   

APIA Foojin Black Line

ショアジギング用の本格ロッドが欲しい今日この頃です。色々リサーチをし、現在この2本で悩んでおります。
メインターゲットは磯ショアジギングでのヒラマサ狙いです。

候補1 APIA Foojin Black Line 99H – 不意の大物にも対応 : 幅広いアプローチに活躍するアドバンストモデル

APIA Foojin Black Line 99H

Length:9’9″ Lure:MAX100g PE Line:MAX#4 Weight:255g

60g前後のジグをメインに、40gクラスのトップウォータープラグを用いたゲームの展開に最適。5kgクラスの青物にも余力を以て対峙できるハイパワー モデルだが、棒のような硬さを感じさせることのない素直なブランク特性。食い渋る状況下で、大型へのフィネスなアプローチにも対応するポテンシャルの高さ を秘めている。

候補2 APIA Foojin Black Line Extreme 100H – THE ロックショアスタンダード

APIA Foojin Black Line Extreme 100H

Length:10’0″ Lure:MAX100g PE Line:MAX#5 Weight:397g

いたずらに硬さだけが際立つことのないしなやかなティップ~ベリーが特徴、一本でジグ、プラッギングとバランス良く扱いきることが可能。但し、いざという ときの’止める’、’浮かす’動作をイメージ通りに実現するバットの強さを備える。幅広い対応力とアングラーの負担を軽減する取り回しの良さを誇るバーサ タイルモデル。

 

悩みポイント1 – 重さ

ロッドの重さでまず悩んでいます。今までの釣行だと一日中ロッドを振りぬいているわけでないですがキャスティングしまくるこのスタイル。
重さが凄く気になる所。

APIA Foojin Black Line 99H は255g
APIA Foojin Black Line Extreme 100H は397g

結構違うんですよね。ちなみに対応ルアーは同じ100gまで。

気持ちは APIA Foojin Black Line Extreme 100H なんですけど、この重さが・・・。

Blue Greenのケイゴさんやカフェ屋ゆーさんは Foojin Quattro BlackシリーズのWild ThingとC-Gorillaを使っていて持たせて貰いましたが結構な重量感!

APIA Foojin Black Line Extreme 100H はそれ以上に重いっ!!
そこが悩みポイントでもある。

 

悩みポイント2 – 対応魚種

このチャートを御覧ください。

当然2つのロッドはターゲットのランクが違うわけですよ。

99Hの方が3kgから7kgと現実的にシドニー磯から上がりそうな数値な気がするんです。
オフィシャルページにも99Hでこんなの上げてるし。

APIA Foojin Black Line

しかし!シドニーの磯ではたしかに10kgオーバーのキングやマグロが上がっているんですが、果たして普段行っている所でそいつが掛かるのか。
そうなると出やすいターゲットに向いてるロッド使いやすそうなロッドの方が良いのか?と考えてしまいます。
大は小を兼ねるとは言うけど。

APIA Foojin Black Line 99H

99hhh

APIA Foojin Black Line Extreme 100H

99hh

 

悩みポイント – 長さ

9.9フィートと10フィートの差分。
やっぱり長めの10フィートのがいいなぁって。

約12cmなんですけどね。

 

まとめ

今の所は5.5対4.5で99Hな気がするけど、100Hもぉぉぉぉ

って悩んでいます。どなたかアドバイス下さい。コメントお待ちしてます。

 - 独り言

        

adsense336

adsense336

  関連記事

Daiwa キャタリナ 3515PE-H ポチっちゃったよ!!

うふふ       うふふふ   &nb …

ラインシステムについて考えてみる for ショアからヒラマサ

事の始まり 2週連続でメーターオーバーのヒラマサをかけました。 しかし、両方とも …

ima ルアー 半額セール 【Amazon】

imaのおすすめルアーが半額以下。2015/5/15まで。売り切れ次第終了。 & …

【釣り部必見】 釣果写真を良く撮る方法

釣り 写真 撮り方 釣った魚を綺麗にかっこ良く撮れると良いですよね。 普段撮る方 …

磯ショアジギングでデカマサを釣った場合の持ち帰り方について考える。

もしデカマサが釣れたらどうやって持って帰るか!? こんな場合になったらどうやって …

【祝】 おかげ様で月間1万PV達成!!

この豪磯部ブログの月間アクセスPVが1万を達成しました! 祝!! これからも当ブ …

2015年4月の欲しい物

DexShell DS630WBL ウェーディング 釣り用 靴下 先日紹介したS …

2015年8月29日 – Sydney Habour National Park の悲劇

前日 ここ数日が仕事が忙しくお疲れ気味。 金曜夜は10時くらいまで仕事して10時 …

     

Comment

  1. AKi より:

    いつも読んでます。シドニーへ住んで丁度1年になります。
    いろいろ仕事や生活のことなどあるので釣りを封印していましたが、今年初めから磯釣りを再開してもろハマりしています。内海では遠投カゴ釣り、ぶっ込み、イカ等々、外海ではルアー、ジグ。

    今月は仕事で日本にいるので、同じくルアーロッドを買うかどうするか毎日悩んでいます。ジグ用ロッド、2〜3万円台もいろいろ選べますよね。ただ、シマノ(ダイワも?)以外はシドニーでパーツが取れないだろうな、ということもなんとなく考えてます。まぁ壊れたら次の日本へ行く機会でなんとかするか、という感じですが…。とにかくロッドを選ぶなら大物に合わせた方が良いのでは?

    ルアーロッドはシーバス用しか持ち合わせがなかったので、外海ジグはいつも投げ竿でやってました。リール600gとロッド450g。よく飛びましたが…シドニー(オーストラリア全般)では遠投の必要性をあまり感じないのと、もしメーターヒラマサがかかったときは多分折れる…ということがあって、とどめは先日クロベリーの磯で大波を被り、ロッドとリールと道具の入ったバケツを持って行かれましてね、、、身体とクーラーボックスは死守したのですが。

    今年初め、内海でマダイ狙いのカゴ仕掛け(ハリス6mにイカちょん掛け)に、メーター級のヒラマサが何度か食いました。あれは、とんでもないです。磯竿4号にナイロン6号、ハリス4号でしたから、一気に潜られてプッツン。ということが数回。西伊豆で大事に使っていた仕掛けをいくつも無くしました。次回からはカゴ仕掛けはライン10号ハリス8号に変更です。なので未だ揚げたキングは65cmリミットギリギリのものだけです。少々竿がゴツくても、こちらの魚はオージー同様大雑把みたいですから、些細なことは気にせずに体育会系でいきましょう!

    • 部長 より:

      Akiさん

      コメントありがとうございます!

      自分も毎日モヤモヤしている所です。日本にいれば実物を手にとり触って判断出来たと思いますが、こっちにいると出来ないので余計モヤモヤします。

      やはり大は小を兼ねて、大きいのが来てもハンドル出来るゴツいタックルが良いんでしょうね。ゴツイタックルをサクッと扱える筋トレも必要かも知れません(笑)

  2. 通りすがり より:

    もうどっちか買ってしまいましたよね?
    2本とも持ってます^^;

    • 部長 より:

      通りすがりさん、

      実はどちらも買わずにDaiwaのショアスパルタン100Hを買ってしまいました(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です